さくっとQ&A に答えます!(擦れて痛む、性交痛がある…、中出ししたがる!妊娠中のセックスが負担)

さくっとQ&A に答えます!(擦れて痛む、性交痛がある…、中出ししたがる!妊娠中のセックスが負担)

いつも、1つのテーマをじっくりとお伝えしてきていますが…。1記事にするには分量が足りないけれど、でもお答えしたい!そんなご質問に、今回はざっくりと、でもまじめにじっくりとお答えしてまいります!

挿入時の摩擦が痛い!

夫のペニスが大きいのです。わたしがあまり濡れていないときは、膣の入り口?の部分が擦り切れて痛いんです。長い時間の挿入も擦れて痛みが出てきます…。セックスのあと、傷になっているようで出血するし、翌日は切り傷のようになっていて、ヒリヒリして痛いんです。何か良い対策はありませんか?

そうですよね、パートナーのペニスをどうこうすることはできませんし、持って生まれたものですから、どうこう言われてもどうしようもないもの。いくつか対応法があるので、ご紹介します!

ご主人のペニスの大きさを問わず、挿入時の摩擦による痛みや違和感、性交痛に悩みがある人にも、ぜひお読みいただきたい記事です。

コンドームの種類を変えてみる、試してみる

擦れて痛みがある、性交痛があるという方にはコンドームの種類をいろいろお試ししてみることをおすすめします。

コンドームの材質って、ラテックス、ポリウレタン、イソプレンラバーと、いろいろあるんです。ラテックスはおなじみのコンドームの材質。比較的安いコンドームはラテックスゴムが使われています。ポリウレタンは0.01のように、薄いコンドームに使われています。

イソプレンラバーは、コンドーム界の新星!ゴムの1種だけれど、ゴム臭さがなく、ゴムアレルギーの人でも使えますよ、と言われています。個人的には、このイソプレンラバーが好きです。

従来のコンドームのような薄さにこだわるのではなく、つけ心地にこだわっています。まるで人の肌、粘膜のように包み込むような柔らかさがポイントとのこと。摩擦時の違和感が、他の材質と比べて少ないな~と感じています。

現在、イソプレンラバーを使用したコンドームは1種類です。

こちらのコンドーム、Lサイズもありますので~。ペニスが大きいご主人にはもってこいのコンドームです。ラテックスのコンドームと比べて少々高いのがデメリットではありますが…。毎日する!というカップルでなければ、許容範囲のお値段でしょうか(笑)回数が少ない(?)からこそ、1回のセックスにはこだわりたいという人にはおすすめです。

ちなみに、ポリウレタンは摩擦係数が高いのか…。3つの材質の中では一番挿入時の摩擦の違和感があるように感じます。伸びが乏しい材質なので、男性もつけにくいのかな、という印象があります。

コンドームを変えるだけで、結構違うものですよ。お試しあれ。

体位を検討してみる

深く挿入する体位だと、痛みが出てきてしまいます。浅い挿入の体位や自分でコントロールできる体位を試してみましょう♪

一番おすすめなのは騎乗位です。挿入の深さや角度を女性側でコントロールできるのがいいですね。しかも、男性は騎乗位好きな人も多いですからね~。骨盤底筋や、内ももの筋肉をしっかりつけると、騎乗位で自由自在に動けます!

後背位や、寝バックもおすすめ体位です。

ローションを試してみる

女性用の潤滑ローションを使用してみるのも良いでしょう。

自分の濡れがいまいちだなあ、と思うときに使ってみては?ちょっとムードがくずれたりもしますが、パートナーに愛撫がてら塗ってもらえばOKです!産院でも、産後のセックスでうるおい不足の際に使用してみてくださいね、と産後指導で伝えているものですので、安心して使えますよ。

ただし、冬場はとっても冷たくなっていて一気に性欲が減退!マジ醒めますので(笑)、温めてから使うといいですね。…と思っていたら、温感タイプのリューブゼリーも発売になっているようです。

夫のペニスに合わせるために、骨盤底筋トレーニングをする

骨盤底筋が固いと、挿入時、膣の入り口が切れて痛いということがあります。ですので、骨盤底筋の柔軟性を高めてみましょう。体の相性は合う、合わないではなく、合わせるものだ!とは加藤鷹さんの言葉です(笑)

骨盤底筋のトレーニングについて、以前コチラの記事で触れていますので読んでみてください。骨盤底筋のトレーニングをすると、騎乗位が自由自在にコントロールできちゃいます!

夫と体の相性が悪いの?中でイケないんです。

妊娠するたび、夫の性欲が高くなって困っています

うちの夫は、わたしが妊娠すると性欲が高くなるらしく…。妊娠する前に比べてセックスを求められる回数が増えるのです。毎回の妊娠でそうなります。わたしとしては、妊娠中のセックスって心配だし、おなかが大きくて大変だし…。絶対にしないということはないけれど、控えめにしてほしいのですが…。本当にしょっちゅう求められるので困っています。

妊娠中のセックス、本業でもよくご質問をいただきますが、切迫早産の兆候がなく、お医者さんから止められていなければOKです。でも、妊婦さんはおなかが大きくなるし、疲れやすいし、セックスするのも楽じゃないですよね。赤ちゃん大丈夫かな?おなか張らないかな?と心配しながらするセックスも気持ち良くないし。

激しいセックスは切迫早産や破水の原因になるので、必ずコンドームをして、優しいセックスを心がけましょう。それこそ、スローセックスがいいんじゃないかな?スローセックスはヌレにくくて、性交痛がある人にもおすすめ。万能セックス!

残念ながら(?)わたしは切迫早産だったため、妊娠中のセックスの経験はありませんが、妊娠中のセックスって男女ともにとても気持ちいい!といいお話も良く聞きます。妊婦さんの気持ちがノッて、体調が良ければ妊娠中のセックスは全然大丈夫ですよ♪

(女性であっても、妊娠中のセックスが気持ち良すぎて、産後のセックスが物足りなくなる人もいるぐらい!)

セックスがイヤという人に超絶おすすめしたいスローセックスとは

なぜ、妊娠すると夫の性欲が高くなるの?

なぜ妊娠すると、夫の性欲が高くなるのでしょうか。人によりけりで、まったく性欲がわかない人もいますが。本人に聞いてみないと分からないことではありますが…。わたしの推察としては、「子どもに妻をとられる!」という危機感なんじゃないかな、とも思うのです。

性欲が高くなる、とまではいかなくても、妊娠中にセックスを求められて負担になっているという妊婦さんは少なからずいますよね。こちらの考察記事をご参考にしていただければと思います。

男性は甘えん坊である

男性は、基本的に甘えん坊だと思ったほうがいいです。男の子のお子さんがいる方はわかるかと思いますが…。男の子って、同じ年齢の女の子と比べて甘えん坊ですよね。乳幼児期にはママべったり~という子も多いです。その甘えん坊気質、大人になってからも続くんです。

それはなぜか?それは男性だからなんです。どの人にとっても、母親って他の家族とはちょっと違う存在ですよね。昔の結婚式のスピーチの定番「3つの袋」のうちの1つですものね。

男性にとっては、母親は異性なんです。だから子供のときには無邪気に甘えることができても、自分が大きくなってくれば、自由に甘えることってできなくなるですよね。男であるが故に、女性である母を「自分が守らないと!」と甘える存在から、守る存在に変えていくのです。

一方、わたしたち女性って母とは同性だから。大人になってからも、同性だからこその面倒はあるにしても(笑)精神的にいつまでも母親に頼る、甘えるってできているんですよね。

男性にとっても母はいつまでも甘えたい存在なのに、異性であるがために、成長とともにそれを自分に許すことができなくなっていく。そこで、母親代わりとして妻にその役割を求めるようになる、というのがわたしの持論なのです。

セックスは、肌と肌、粘膜と粘膜のふれあい。誰であっても、母乳を飲んでいたときの記憶や胎内にいたときの記憶、優しく抱っこされていたときの、乳幼児期の優しい記憶が呼び覚まされる時間でもあります。セックスって、男性も女性も赤ちゃん期に戻っているのかもしれませんよね。生まれたままの姿の裸だし。

そういうわけで、ご主人の甘えたい欲求が性欲、セックスとなっているのかと思われます。

セックス以外で、ご主人とのスキンシップやかかわりを持つ

セックスの頻度が高くて苦痛だわ、という場合には、ご主人の甘えたい欲求を満たしてあげるようなかかわりを、日常生活でもっていくと良いでしょう。

子どもよりもご主人を優先したり、ご主人の大好物をいっぱい作ってみたりね。そっと寄り添ってテレビを見るのも良いでしょうし。妊娠しても、子供がいても、わたしはあなたのことを忘れていないよ、愛しているだよ、と伝えてあげたらいいですね。スキンシップも大切!

この点については、記念すべき、このサイトの一番最初の記事で書いていますので、読んでみてくださいね~!

夫の性欲にうんざり。夫の性欲を減らしたい…

夫が中出しをしたがって困っています…

夫が中出しをしたがっています。もう子供は二人いて充分です。それは主人ともしっかり話し合ってお互いに心から納得しています。私も仕事復帰して、仕事も落ち着いてきていますので、また産休、育休は考えていません。そもそも、夫は仕事が忙しく、二人の子の子育てもほぼ私ひとりでやっているようなもの。これでもう1人…なんて困ります!夫は子供が欲しいから中出ししたいのではなく、ただ中出ししたいようで…。毎回断っていますが、毎回断るのも気がひけますし。無責任のようで腹がたってきています。

性癖で中出ししたい人っていますよね…。中出しは妊娠のリスクがぐっと高くなりますから、女性にとってはそうそう許容できることではありません。

中出ししたい男性の心理、そこには支配欲や征服欲、それから奥さんへの愛の裏返しがひそんでいるのでは?と私は見ています。

男性にとってセックスはマーキングである

男性にとって、セックスってマーキングでもあるんですよね。妊娠させることで「この女性は俺の女なんだ!誰にも手出しはさせないぞ!」という意味で。浮気性の男性と付き合っている女性が、たくさんキスマークを付けようとする心理に似ているかな。

だから、そこにあるのはご主人の奥さまへの深い愛。そして盛んに中出ししたがるときって、ご主人が何かに対して嫉妬をしているのかもしれません。

自己顕示欲をこじらせた男性ですと、数多くの女性に中出しのマーキングをすることで「俺はこんなにモテるんだ!」とアピールしたがります。自分の存在価値を確認したい行為なんです。自分に自信ないときの裏返し。いますよね、無責任に中出し&生セックスしたがる人。

ちょっと話がずれましたが…。嫉妬の対象は、別に他の男性とは限らないんですよね。その対象は、仕事もあるだろうし、子供もあるだろうし。つまり、ご主人は少し寂しさがあるのかもしれません。妻が何かに、誰かにとられるかも!という不安があるのかもしれません。

先ほどもリンクを貼ったこの記事や

 

夫の性欲にうんざり。夫の性欲を減らしたい…

コチラの記事が参考になるかもしれません。

 

夫と性癖が合わない!?身勝手なセックスを好む男性心理

日常生活の中で、愛情と感謝を伝えること。時には、子どもよりもパートナーを優先すること。男性は、察することが苦手。だからこそ、いちいちわざとらしくても言葉にしないと伝わらないです。だから、他の誰よりも、あなたがかけがえのない存在なんだ、と言葉にして伝えていきましょう。

男性は、特にスキンシップを求める傾向にあります。それは、先ほどお話した、母に甘えたい心理が関係していると思うのですが。セックス以外のスキンシップも大切にしてくださいね。

まとめ

3つのご質問に対して、ざざっとお答えしてきました!いかがでしたでしょうか。ご参考にあれば幸いです♪共通することは、男性はとにかく甘えたい!感謝といたわりをきちんと言葉にして伝えること、ですね。でもこれ、夫婦間だけじゃなくてどんな人間関係にも共通した大切なことですよね。

無料&匿名でご質問にお答えしております♡質問するって、パートナーとの関係性を一生懸命に考えているってことで素敵なことだなってわたしは思っていますよ♡

 

 

 

セックスの悩みカテゴリの最新記事